アトリエの活動や、絵本などを紹介しています。
体験教室も随時 受付ています。


【 生徒募集中 】
このガジェットでエラーが発生しました

2012年9月6日木曜日

夏アトリエ2回目は、大量の砂を使った楽しい砂絵

夏休み期間中のアトリエは「夏の体験アトリエ」と言って

気になっていたけどなかなかタイミングが合わなかったとか、
ちょっと遠いから夏休み期間だけ!という方にも
気軽にご参加いただける短期間のアトリエです。

今年は、1回目が「オーシャンドーム」
2回目が「砂絵のフォトフレーム」
そして、3回目が「マスキングTシャツ染め」でした。
アトリエに通う子ども達と同内容のカリキュラムなので、
普段のアトリエの様子もわかり、
更に、小学生は夏休みに宿題として持っていけるように、1回で仕上がる個人制作となっています。

今日は、2回目の活動「砂絵のフォトフレーム」の様子をご紹介します!

砂絵…といえば、私は子どもの頃、大好きでした。
印刷されている絵の粘着テープの部分を1つづつをはがし、
砂をのせ、絵に色を少しづつつけて仕上げていくワクワクした遊び。

この絵が、自分で描いたものであったら・・・
砂も、ちょっとづつじゃなくて大量にあったら・・・

そんな思いもあってアトリエでは、
自分達で絵を描き、線をカッターで切り
た~くさんの砂で制作しました。
自分でカラーサンドをブレンドしたりします。この微妙な色合いがまた可愛い。

フォトフレームになっているので、夏の思い出の写真を入れて飾れます。
(夏休みに白浜にパンダを見に行ったそうです↓↓)

さて、なぜこんなに大量のカラーサンドがあるかといいますと
そう、自分達で好きな色を着色しているのです。

専用の砂に、たっぷりと色水スプレーを吹きかけて作ります。
この作業も楽しいものです。

アトリエ前は、色とりどりの砂を広げて乾かして
アトリエの中は、まるで「海の家」に来たみたいに、床が砂でザラザラ・・・。

小さなことなんて気にせず大胆に楽しむのとは裏腹に
仕上がる作品はとっても細かく丁寧で、このギャップにいつも驚かされます。
(左:小学1年生 女の子の作品/右:年長 女の子の作品)

さて、3年生以上はベニヤ板を切ってフォトフレームを仕上げています。
その作品も、また次回 ご紹介したいと思います。



0 件のコメント:

Follow us on Twitter